オクトパス日記〜今日の気になった記事を取り上げる〜

関西の背が高い大学生です。バリバリの高校球児でした。今は意識低い系大学生です。

面白い記事があった!関西はなぜ「何回生」と呼ぶのか?

今日の記事は面白かったのでこちらです!

www.asahi.com

これ自分もずっと気になってました。

みなさんも気になっていた人が多いと思います。

この記事をまとめると

結論は

東大は「学年制」いわゆる「進級制度」

京大は「科目制」いわゆる「単位制度」

だったからである。

それが関東、関西に広まったのではないかということです。

「学年制」

学年ごとにカリキュラムが決まっていて、所定の単位を取らないと不合格になり次の学年に進級できない。といったものです。

(高校と同じ制度です)

 

「科目制」

卒業までに一定の科目を履修すれば卒業できるといったものです。

4回生修了時に単位がたりていれば卒業、足りなければ5回生ということです。

 

(極端な例)

京大の場合、1~3回生の間何にもしてなくても4回生で全ての単位を満たせば卒業できる。

東大の場合は、毎年カリキュラムが決まっているので、これが通用せず、毎年ちゃんと取らなければいけない。

といった感じです。

 

今は昔の東大のような「学年制」ではなくほとんどが「科目制」ですが、創設時の呼び名が継承している感じなのだと思います。

 

この記事を見てとても面白かったです。

 

ありがとうございました。

 

関連してこちらの記事も書いてます。 

www.sanokude.com